<--!アドセンス-->

ノウハウ

徹底図解! Googleマイビジネス大解剖 | Bizサポっ!

更新日:

Googleマイビジネスの前にGoogleマップを軽くおさらい

GoogleマップとはGoogleが提供しているオンライン上の無料の電子地図のことですね。

さて あなたは 実店舗を持ったビジネスオーナーですか?
もちろん飲食店でも 床屋さんでも 修理工場でも構いません。
ようするに リアル店舗にお客さんが来店することで 何かが売れたり サービスが提供できるようになるか?ということです。

もし そうであれば いろいろな人に気がついてもらえて いつか自分の業態のサービスを必要と思った時に その候補に上がりたくありませんか?
そして 目指すところは 自店の商品・サービスを買ってもらいたいですよね!?

そこで 絶対に欠かせないのが「Googleマップ」への登録です。(登録は基本の"き")
マップへの登録=マイビジネスの登録ではないので 注意してください。

なぜGoogle? なぜGoogleマップなのか?

Googleといえば「ネット検索」のイメージですね。そしてGoogleの動向をみんな必死で注視して 対応するようにしています。

それはなぜなら 今の「ネット検索」の仕組みは「Googleの検索エンジン」が使われています。yahooで検索しても 裏で動いている検索エンジンはGoogleなのです。つまり Googleの検索エンジンは ネット検索に対して 巨人...いや「神」のような絶大な存在となっています。

昔なら調べ物は図書館。お店探しは電話帳。カーナビはなく地図を開くといったところ(古すぎ?笑)でしたが 今はネット検索ですべてすみます。

その時に表示されるのが 検索結果です。
例えば 「Googleマイビジネス 登録 方法」と検索した場合 検索エンジンがそのキーワードに沿った内容のページの一覧を提示して来ます。それがいわゆる検索結果というものです。
上記の場合は 何か調べているわけですが その内容は"場所"ではなく"やり方"ですね。
すると やり方を載せている内容がユーザーにとって大切です。なので 検索エンジンは膨大な量の世界中のページから 選りすぐりの(最適なはず)のページを表示します。

↑このように 役に立つ(であろう)ページが順番に一覧で表示されます。
知っている人は「SEO」て聞いたことがあるかも知れません。
これは「Search Engine Optimizetion」のことで「検索順位対策」の意味です。

正確には「(検索結果に上位で表示されたいから) 検索結果を決めていく検索エンジンに良い評価をしてもらえるように 最適化していきましょう」ということです。

では それが"やり方"ではなく"場所"だった場合は どうなるでしょう?
例えば「〇〇駅前 美味しい カフェ」で検索するとどうなるでしょう??

今は紙媒体の地図ではなく 電子地図です。
電子地図は一昔前にもありましたが 現代の電子地図(紙の地図も含め)はそれとは歴然と違う点があります。
それが発行した時点のままクローズしていないという点です。
どういうことかというと 昔の電子地図であればその当時に載っていなければ その後もそのままで改定するには 買い換えることで最新版にしていました。
Disk型カーナビのようにその当時のままでクローズ(完結)していていたのです。
それが現代では電子地図が公開されています。しかも無料で。その一つがGoogleマップなのです。

しかも それは世界に公開されていて 誰もが 自由に見て使うことができて無料なのです。さらに一方的に地図情報を提供"される"ばかりでなく ユーザー側からも有益であろう情報をスマホからでも書き足して行け ほぼリアルタイムに公開されているマップに反映される時代なのです。
つまり 常に情報が最新の状態の地図が 世界中の誰もがタダで使える時代なのです。

マップだから"検索"関係ないんじゃない?

そう思う人も もしかしたらいるかもしれませんね。ところがこれがそうもいかない。

なぜか?というところを深掘りして解説してみます。初心者の方には難解かもしれませんので ゆっくり読むか またはわかる範囲でOKとして読み飛ばしてください。

ネット検索の環境はスマホ優位

スマホが普及した現代では ネット検索が簡単にできます。ひと昔前なら ネット検索はパソコンを使うしか手がなかったですが 今は携帯電話とパソコンの境目がなくなってきています。

つまり スマホから なんでも検索できる時代なのです。そして 実際にネット検索の7-8割はスマホから行われているという事実があります。

しかも 今や検索エンジンはとても便利で賢くユーザーを助けてくれています。それが位置情報の活用と その人の傾向の分析です。

例えば同じ人が 違う場所で「地名〇〇駅 カフェ」と検索するとします。すると その人のいる場所や 好みの傾向なんかを織り込んだ検索結果になるのです。

なので 同じ場所で同じキーワードで検索しても 異なるユーザーが普段違う傾向であった場合 表示される結果も異なる場合があるということです。

何れにしても ちょっと困ったら「検索」するのが現代。そしてそこを入口にして どんどんと興味のある方に...というのが今の流れ。インスタ検索やツイッター検索が増えて来たとはいえ 特別なアプリやアカウント(メンバー登録していなくても)誰でも検索できる環境があるのですから 最後まで無くなることはないですし 数もまだまだ多いです。

検索されるとどうなるのか?

それでは検索されるとどうなるのでしょう? ご自身のスマホやPCで検索して見ましょう。するとよく分かります。

このように「検索した人」が「求めていそうな情報」として結果が表示されます。

スマホだと...

このような感じで 表示されます。そして赤枠のボタンをポチると 設定しているwebサイトにジャンプします。

これの何が大切なのか?

この表示結果の中に Google側が用意してくれている 色々な情報ジャンルがあります。

関連するボタンをクリックすると webサイトに案内することができます。ん!? それって 無駄にSEO頑張るより なんかチャンスありそうですよね?

そう 驚くことなかれ さすがGoogleの地図に掲載するだけのことはある。ひと目には大した違いに見えないかもしれませんが 検索結果の表示・掲載場所が重要!

なんと あらゆる検索結果より上位の位置にマップの結果が表示されます。どんなにSEOを頑張っても これより上の位置に来ることはありません。つまり労せずして トップ表示させることができるかもしれないということです。

なん十分も全部のページを見ていくのは 誰でも疲れるし 嫌です。だから とりあえず 上位に出て来たものがクリック→表示されやすい。そして そこにお店の情報をたくさん載せておくことで 「おー良いじゃん♪」となることも期待できるのです。

さらに使い勝手が良いんです

営業時間や住所はもちろん

お店から発信したい商品情報なども このように

そしてさらに便利なのが 詳しい知識がなくても 難しいことをしなくても

検索結果のお店をポチると そのお店に関する情報ページが表示されます。

色々な項目があるのですが webならホームページへ飛びますし 電話番号のところをポチると 自動的に「発信する」と電話をかけてくれます。
問い合わせる方はペンを出してメモったり 暗記する必要もないですから 非常に便利です。

まとめ

  • Googleマップは もはや欠かせぬ存在
  • 検索エンジンで絶対王者のGoogleのマップは検索結果の表示位置も高い
  • 何より 簡単に情報を載せていけるベース
  • 使う方も手軽で 欲しい情報が手に入る

つまり あなたがリアル店舗でビジネスをしているオーナーなら 迷わずに活用しましょう!ということです。

細かな登録方法や 設定 そしてつまづきポイントは 各記事を参考に頑張ってください。

 

2019.2/22追記

さらに最近はクーポン配信や動画のアップなんかもできるようになりましたね。

ちなみにYouTubeはGoogleが買収してグーグルのサービスの一環となっています。

うーん、グーグルマップ。簡単なwebページもアカウント内でできますし、そのうち販売もできるようになるとのこと...ますますwebだけ売っている人はやばい時代が来ます。

てことで、Googleはもはや"神"と言わざるを得ません 。逆らうのはやめておきましょう(笑)

 

 

そのほか、お得情報、最新情報、特別セミナーなど秘密の案内はLINE@だけ!

↓LINE@だけの秘密の情報配信はこちらから登録↓

PCの方は↑QRをスマホで読込

スマホの方は↑タップするだけ

→LINEの「友だち追加 (読込)」の仕方がよくわからない方はこちらをチェック!

 

-ノウハウ
-, , ,

Copyright© Bizサポっ ! ゼロから始める集客ノウハウ! , 2020 All Rights Reserved.