<--!アドセンス-->

ノウハウ

ツイートボタンが表示されずにツイートできない… | 原因はきっとコレ!

更新日:

つぶやけない〜...

 

それは突然やってくる

ひさびさにTwitterを開いてみました。

Bizサポっ!でアカウント作ったので。

それまでは飲食や個人でアカウントは開設していましたが、ほぼ運用せず(笑)。

アプリのアップデートも他のアプリのアップデートのついでに済ませたばかり。

すると、見た目も少し変化がある。

そして、ぜんぜんツイートできない。「どこからツイートすんの?」状態...。

【状況】

iPhone7、Twitterひさびさ(1年半ぶり)に起動→アプリをアップデートしたて→新しいアカウント作成→あれれ..?ツイートどっからすんの???

という状況からの解説です。

 

ツイートボタンが表示されない

ずいぶん放置していましたから。

「あれ...放置しすぎて制限かけられてるの??」なんて思ったり。

少し機械には強い分、自力で解決を試みるのがもろ刃の剣。

原因がわかったら(今回の場合) そのまま頑張っても解決できっこなかったです。

 

対処法

今回の対処法は3秒で終わります。たった3秒です(笑)。

それは"アプリの再起動"です。

たったそれだけ。

いっかいアプリを落として、また開くだけ。

( ただ画面を閉じるのではなく、アプリ起動を落とさないとダメなのでご注意ください。 )

今回は、それだけで解決しました。

 

アプリの不具合で考えられる原因

このような症状が考えられる原因はいくつかあります。

  1. アプリのプログラム自体にバグ(異常)があり正常に動作しない
  2. アプリと端末のOSが適合していない (「対応していません」とアプリ起動すらしない)
  3. 端末が何かの理由で正常な動作ができない (フリーズ(画面が固まる)することが多い)
  4. アプリを起動したままアップデートして再起動していない (今回はこれかな!?)

1の場合はこちらの努力ではどうすることもできません。供給側の修正を待つしかない。

2の場合は、双方に考えられますが、大抵は「このアプリはOS---には対応していません。プログラムをアップグレードしてください」というように促される場合がほとんどです。この場合は、必要に応じて、OSかアプリをアップデートすれば良いです。

3の場合もたまにありますね。充電しながらとか、大量のアプリを起動させたままにしているとか。何かの理由で処理がうまく行かなくなり、アプリが停止してしまう場合。こちらも再起動すればほとんどがすぐに直ります。

4の場合は条件がそろうとあり得ます。起動したままのアプリをアップデートする。すでに起動しているアプリは元の状態で動き続けています。もちろんスムーズに移行するように作られているはずですが、それがうまく機能しないと、本来の性能にならない。もしくは不具合となる。

2〜4の場合は自分で解決できることがほとんどです。

まれに通信環境なのかな?と思う場合もあります。

Wi-Fi接続だとフリーズしてしまう。その場合キャリア接続(携帯会社の電波を使う)に切り替えたり、電波環境を良くして試したりすると改善される場合があります。

 

試す順番

ほとんどの場合がアプリの再起動で解決できます。

(Twitterから外れますが、オンラインゲームなら電波の良い場所に移る。など)

次に試すのは、端末の電源を切って入れ直す。(熱を持っている場合は少しクールダウンさせる。)

それでもダメなら、端末の再起動。電源ボタンの長押しで「再起動」する。

アプリのアップデートをして、アプリをちゃんと再起動する。

端末のOSのアップデートをする。(自動的に再起動するはずです。)

 

 

まとめ

いかがでしょう。意外にバグってあるんですよね。

慣れている方はどうってことないでしょうが、まずは慌てず、焦らず、再起動。

ほとんどがこれで解決できるはずです。

ぜひ試してみてください。

-ノウハウ

Copyright© Bizサポっ ! ゼロから始める集客ノウハウ! , 2020 All Rights Reserved.