<--!アドセンス-->

Google ノウハウ 遊び

【Googleアカウント】Googleのローカルガイドって知ってる? ローカルガイドでできること&特典も!

更新日:

Googleガイドってなに?

Googleの公式ページによると...(この記事はGoogleローカルガイドヘルプを参照しています。)

ローカルガイドは、Google マップで「クチコミ」を投稿したり「写真を共有」したり「質問に回答」したり「場所の追加」や「編集」を行ったり「情報」を確認したりするユーザーの世界的なコミュニティです。

ということです。特に特別な資格が必要というわけでもなく 誰でもなることはできます。

ただし 黙っていても勝手になる、ということもないのです。

ローカルガイドになるには ローカルガイドになる登録をする必要があります。

また ローカルガイドになる前提に「Googleアカウント」を持っている必要があります。

【参考記事】Googleアカウントの取得方法は「Googleアカウント新規取得 徹底図解! 初心者でも超〜簡単♪」をご覧ください。

Googleガイドの役割

ローカルガイドの役割って一体なんでしょう?!

そもそもGoogleは様々なサービスを無料で提供しています。Googleの検索やGメールやGoogleマップなども特別にお金を払わなくても使うことができます。(もちろん一定の条件は課されていますが。)

そしてGoogleは「ユーザー第一主義」です。ユーザーの利便性や安全性を最重要視します。

そんな中で Googleマップに最新の情報、利用者目線の評価や写真を載せることで"Googleマップに命を吹き込む" ことを目的としています。

確かにうまい仕組みですね。だって これ昔なら 地図会社が人を雇って 料金をもらってもやり切れないくらいの情報量を ユーザーに任せることで 瞬時に 最新の情報に更新(提案)できるんですから。

つまりGoogleの言うように"人々が世界中の場所をさらに便利に、もっと楽しく、じっくり味わって探索できるようにする役割"を任されているということです。

Googleガイドでできること

実際に使ってみると分かりますが Googleガイドは Googleマップ上に存在する あらゆる場所を評価したり(星つけ評価)、コメントを残したり(口コミ評価)、実際の商品・サービス・店舗雰囲気・外観などの写真をアップできたりします。

実際にはあるのに Googleマップ上にはまだ記載されていない場合は 載せることもできます。

さらには 店舗の営業時間や業態、サービス内容などに対して 実際の情報を踏まえて 修正の提案や 評価をする機能もあります。

例えば よく行く公園の使い勝手を"小さな子供づれのママ目線"で書くこともできます。そのような情報がたくさん集まることで 他の似た状況で利用する方の参考になる、と言うことです。

Googleガイドのランクとは?

ローカルガイドは世界中にいます。つまり日本も世界から見れば一部の地域な訳です。

その一部地域に詳しいガイドがローカルガイドです。ローカルガイドは 登録すると 口コミや写真投稿など 行っての情報提供をするるたびにポイントが付与されます。

そのポイントが一定数たまると ローカルガイドのレベルが上がる仕組みになっているわけです。

つまりレベル1のローカルガイドより レベル5のローカルガイドの方が たくさんの場所にたくさんの評価や情報提供をしている、と言うことになります。

こりレベルが一定の評価の信ぴょう性を裏打ちするかは また別の問題ですが 少なくとも たくさんの場所について情報を提供したと言うことは事実です。

リアル店舗にとってこれらの外部からの評価は 生命線を左右することもあります。

そのため 一定の投稿のルールが設けられています。

投稿のルール(禁止事項)

Googleではすべてのコンテンツにおいて 以下の投稿を禁止しています。

・実体験に基づかない投稿

評価を操作する目的や (悪意を持って)貶めるなどの目的で虚偽の評価や 同一の人物が 同一の投稿を複数回行うこと、複数のアカウントから同一の評価を繰り返すことをは禁じられています。

・関連性のないコンテンツ投稿

実際の投稿に基づく適切な内容の評価や情報提供や質問への回答を超えた 関係性のない主義主張の投稿は吟じられています。

Google マップは、政治的または社会的な主張を表明したり、個人的な不満を述べたりするための場ではありません。"とし 不適切なコンテンツは「削除」されます。

・制限されているコンテンツ

特定の地域や特定の規制により 法律などで規制のあるコンテンツは投稿する際にそのガイドラインに沿った内容しか投稿してはいけません。

"規制の対象となる商品やサービスの販売を促すフレーズや特典を含めることはできません。こうした商品やサービスには、アルコール、ギャンブル、タバコ、銃、健康器具や医療機器、規制されている医薬品、成人向けのサービス、金融サービスなどが含まれます。"

これらを購入できるランディングページのURLや連絡先、プロモーション特典、特価セール、クーポンなどは投稿できません。

ただし、「メニューの画像」や「メインの被写体でなく写り込んだアルコール」は除外されます。(でないと 飲食店は困りますね。)

違法なコンテンツ

  • 著作権など他者の権利を侵害する要素を含むすべてのコンテンツは投稿できません。
  • 性的虐待を描写したコンテンツ 及び 児童を性的に表現したあらゆるコンテンツ。
  • 危険行為や違法行為(臓器売買、人身売買、レイプなど)を描写したコンテンツ。
  • 違法な商品・サービス(絶滅危惧種の売買、違法薬物、非合法の薬物売買)。
  • 露骨な暴力や不当な暴力を描写した画像、または暴力を助長する画像。
  • テロリスト グループによって制作された、またはテロリスト グループのために制作されたコンテンツ。

といった内容はNGです。

露骨な性的コンテンツ

露骨な性表現を含むコンテンツは許可されません。

児童を性的に虐待したり、性的な意味合いで表現したりするコンテンツも禁止されています。

このようなコンテンツを削除するほか、該当アカウントを停止されます。また関係機関・警察当局へ報告されます。

不適切なコンテンツ

わいせつ、冒涜的、不適切なコンテンツは削除されます。

危険なコンテンツ、中傷的なコンテンツ

以下のような 販売者や消費者が危険なコンテンツや中傷的なコンテンツを投稿することは許可されません。

  • 自分自身または他人に危害を加えると脅し または危害を加えることを推奨している。
  • 個人または個人で組織垂れているグループを中傷・威嚇・攻撃している。
  • 人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性や、制度的人種差別や疎外化に結び付くようなその他の特性に基づいて、個人またはグループへの憎悪を促す、差別を助長する、または誹謗している。

なりすまし

他人を欺くことはNGです。不正なコンテンツ、虚偽の表示や説明もこれに該当。

他の個人や企業、組織を代表する権限がない場合は関連付けて表示してはいけません。

Google の代理または雇われているなどの虚偽の主張をする投稿者に対して、コンテンツの削除やアカウントの停止となるだけでなく、当然に"その他の法的な措置を取る権利を有します"と強く宣言しています。

利害に対する問題

利害に対する問題として 以下の投稿は禁じられています。

  • 自分の店の口コミや評価をすること
  • 現在または過去の職場に関するコンテンツの投稿。
  • 同業他社に対して投稿して評価を操作すること。

その他

永続的に存在しない場所や 個人の権利を侵害したり 公共の安全を脅かすような場所は マップに追加することはできないとされています。例えば...

有名人の自宅、個人の自宅、原子力施設、道路の陥没、永続的に常駐管理されていない別荘、ミサイル保管庫(安全上秘匿とすべき場所)など、待ち合わせの場所、一回限りのイベント、オンライン限定ショップ...

などは マップに追加することできません。(ただし 名前のない建物だけを登録することはできます。)

 

Googleガイドになろう!

検索で「Google ローカルガイド」と検索すれば出てきます。

私はすでにローカルガイドになっているので 自動で紐づいたページに繊維してしまいので 細かな登録画面は取れませんでした。

が そんなに大変な登録手順ではなかったと思います。

 

Googleガイドの心得

Googleガイドの心得は言うまでもなく「人の役にたつ」と言うところでしょう。

例えば 車椅子の方にとってはバリヤフリーかどうか?と言う情報はとても大切ですし 役立ちます。

また 性善説を元に生活している善良な市民を食い物にする悪意のある事業者も存在します。

そのような場合 事実として紹介することである種の"被害"を他の方が回避するために役立つこともできます。

例えば

「〇〇で"美味しい店です!"キャッチに声かけられて入った。割引と言われたけれど そもそも焼き鳥が2本で1000円で割引されて700円。味もごく普通だった。連れ共々騙された感でがっかり。"キャッチに注意!"はこの店だったのかな...。個人的にはもう行かない」

この程度の投稿は 必要以上に貶めてはいません。事実の列挙です。(最終的な投稿は自己責任で行ってください。)

あまり過度な酷評は(たとえ事実でも)業務妨害や名誉毀損に問われる恐れがありますが あくまで個人の いち市民の感覚を反映させるのがGoogleの本来の趣旨だと思います。

ですので よくないものは 理論的に良くなさが伝わる投稿は許されると思います。(ただ 感情的になるのはやめたほうがいいでしょう。)

とはいえ 個人的には あまり酷評を書くのは好きではありません。

「逆の立場ならどう?」私はこれをいつも意識しています。悪意がありそうか?と言うのもポイント。

あえて善良な市民から搾取しているような商品・サービスは やはりあってはなりませんからね。

まとめ

Googleガイドになると例えばGoogleのストレージサービスが無料で拡張できたり割引されたりします。

良いお店を積極的に知らせて 末長く存続させるお手伝いもできますし 立場の違い方に有益な情報を 提供することで間接的に知らせ 役立つこともできます。

また 投稿した写真や口コミは それを閲覧したからの評価を頂いたり 閲覧回数などが定期的にGoogleから報告されるのも 一つの楽しみ方になると思います。

ちなみに ローカルガイドの評価は Googleアカウントに紐づいています。アカウントに実名や顔写真を使っている方は一緒に公開されますので ご注意を。(ローカルガイドに限りませんが...。特に酷評に近い評価や知り合いの店の評価など。)

-Google, ノウハウ, 遊び

Copyright© Bizサポっ ! ゼロから始める集客ノウハウ! , 2020 All Rights Reserved.