<--!アドセンス-->

ノウハウ マインドセット

無料¥0のノウハウが大好きな あなたに 訪れる 未来 | Bizサポっ!

投稿日:

"無料!!"はお好きですか?

 "無料"好きのあなたは危険!

もちろん無料ですから 失ったって 結果が出なくたって リスクはありません。

なので"試しに"やってみるには もってこいです。

ですが この無料には 意外な落とし穴が あります

でもきっと ここで 私がこう言っても あなたはきっと 信じないでしょう。

もしあなたがネット検索しての集めた無料のノウハウや コンテンツばかりを次から次へと試しているとするなら 要注意です。

無料の落とし穴

あなたは タダで手に入ったものを 大切にしますか? 

もちろん それが大切な恋人からの贈り物 ならば オモチャの指輪でも とても大切にするのだと思います。

でも 恋人と別れた途端に その指輪はただのオモチャになるのです。

逆に 種から育てた農作物だとどうでしょう。 タダでも 労力を割いた分 大切に食べようとするものです。

つまり 労せず リスクなく タダで手に入ったものは さほど大切にしません

ギャンブルで得た一攫千金や 労せずして得たお金は 泡のように 簡単に使い切ってしまうのと同じです。

無料のノウハウや コンテンツも 結局はじっくり取り組むことなく 放ったらかしになってしまうのです。

そして 効果がなくても1回で諦めていきます。どうせ無料だったから"損はない"ですもんね。

全力で取り組むならば?

無料だとしても 全力で最後までやり通せば "それなり"の結果を得られるかも知れません。ですが それがいかに遠回りか? ということにも目を向けなければなりません

あなたの商品・サービスが何かはわかりませんが あなたの商品・サービスを無料で提供するとします。

もちろん その無料は本気で提供します。ならばと 試すお客様がいます。それを延々と続けられますか?

どこかの段階で 有料にしなければ なりませんよね?

もし仮に「もう少し無料でやってくれ!」と言われたらどうでしょう?

そのお客様が 本当に価値を感じたのであれば 有料でも買いますし 続けます。

もし 高いと言われるなら 価格に見合った価値を感じていないのでしょう。仮に高いねと言われて あなた自身は値切ってきたwと思ったのなら もしかすると その顧客はあなたのペルソナではありません。きっと 長くは続かないと思います。

そして 無料(格安)を求め続ける方は 商品・サービスの価値ではなく 無料だから欲しい、ということなのです。

無料を求めている顧客像

無料(格安)を求めている顧客像は 一体どんなお客様でしょうか?

その人にとって1番の価値は"無料(安い)"こととなります

角度を変えてみれば もはやコンテンツの中身や質はどうでもよく"無料"であることが大切になってしまいます。

これは最悪です。

大企業のように資本力があれば良いですが 中小企業や個人店は圧倒的に劣ります。

同じ商品なら 安い方が良いわけです。つまり 安さ勝負の戦いに勝てるわけがないのですから 安さに価値を置く見込み客を集めてはいけないのです

逆に 無料ばかりを求められて あなたはずっと無料で提供できますか?

顧客として迎えても 1番価値の感じるところは"無料(格安)"です。ライバルが"無料(格安)"にしたとたん あっという間にいなくなるのです。

つまり あなたはその顧客に延々に格安さをウリに 付き合っていかなければならない、ということになります。地獄ですよ。

"無料(格安)オファー"の意味

あなたが ずっと無料ノウハウだけでやろうとしているなら 一回 少し高いな!と思うコンテンツを1つ買ってみましょう。

あいにく Bizサポっ!では この記事の執筆時点では コンテンツ販売はしていません(そのうちしてるかもですが)ので 宣伝にもなりませんが 一回どこかの興味ある有料コンテンツでも買ってみると良いです。

無料ハンターの先には 何もありません。なぜなら

無料オファーは価値を感じられるか どうかのお試しだから

です。

本来は有料であるべき価値のある商品・サービスを "どんなものか試す"ものです。

そんな試食だけで 一生食いつなぐなんて無理なのです。

まさに 食事をデパートの無料試食をハシゴ済ませようとするようなもの。

効率も悪ければ 結局は何も手に入らないのです。

オファーのお試しで満足し 購入した先に 本当の先の価値が待っています。つまり "無料オファー"は 全体のごく一部なのです。ですから そこだけカジッても実はあまり意味がないのです。

無料好きの先にある負のオマケ

マーケティング的に"無料(格安)だから"とりあえず来た! というような方を「クーボンハンター」と言ったりします。ハンター=狩人という事です。無料ばかりを刈り取るのです。

また ノウハウやハウツーを片っ端から学んで行く方を「ノウハウコレクター」と言ったりします。コレクター=収集家という事です。

これらは それらをすることが 無意識のうちに手段でなくゴールになってしまっています。

ノウハウを使って 売上を上げることではなく ノウハウを得て満足してしまう。意外に多いですょ。

結果 すごく頑張っている"気"にはなりますが 欲しい結果は手に入らないのです。

さらに 引き寄せの法則

少しスピリチュアルな話題になってしまうのですが 「引き寄せの法則」が働きます。

人は頭に思い描いた通りに 引き寄せて言ってしまう というものです。良いことも悪いことも 常に意識することで 潜在意識に刷り込まれ 無意識のうちにそのような方向へ向いて言ってしまう というものです。

よくヤンキーの周りには 似たようなヤンキーが集まりますよね? あれも一種の引き寄せの法則です。

無料でこんな感じだと どうですか?

これ あなたが無料好きだと あなたの潜在意識には"無料"が常にあります。つまり周りにも無料好きの人が集まってくるのです。(経験則ですが もちろん信じなくても構いません。)

つまり あなたの元へやってくるお客様も"無料(格安)好き"が集まるということです。これが 経営的に良くないことは 言うまでもなく お分かりだと思います。

クレクレには クレクレが集まる

無料ありきの害悪は 以外にインパクトが大きいです。

一方の方はお金を払う有料顧客で もう一方は無料(格安)を求めてくるいわゆる"クレクレ"顧客"

人間はやりたくないことには力が入らないものです。

個人的に特別な使命感でも持っていれば別なのですが 普通はイヤイヤになって来ます。

あとは 買ったのだから それで任せておけば100%結果が出るという"おんぶに抱っこ顧客"

これは 自分ごとなのに まるで任せて他人事です。なので 責任も自分にはない!というスタンスです。

もちろん サポート側の努力は必須ですが 自身の努力も必須です。それがないと クレクレ同様 かみ合わなくなります。

そして 提供する方も 提供される側もお互いに"どうせ〇〇だ"と思うようになります。

つまりどちらにもメリットがなく 結果も出ない

もう こうなると最悪です。そういう顧客は さっさと見切りをつけましょう。

売上さえあれば 何も怖くないのです

本来あるべき姿

では 本来あるべき姿は どうでしょう?

それは 価値をきちんと判断し 良いなら見合う対価を支払うという生き方をして行くことです。

そして その責任は選択も含めて 自身の選択にある!という覚悟を持つことです。

お金を支払い その責任は自分にあるという状況はリスクです。

ですが リスクという状況が より真剣に商品・サービスを活用し 取り組む姿勢に繋がるのです。

そのようにしていると逆に自身の商品・サービスで 価値があるものは きちんと対価をもらって良いと思えるようになります。

どのように価値を感じさせられるか? という部分の大切さが判るようになるのです。

その結果 優良顧客を獲得し 売上も上がり始めます。

すると より良い顧客との付き合いだけを大切にし 無駄な労力を奪われなくなります。

こうして 欲しいお客様 理想のお客様と 良いお付き合いができるようになるのです。

まとめ

  • 無料は リスクがないので 本気で取り組めない
  • 無料は 提供する方も される方も 結果が手に入らない
  • 無料で提供するには いうまでもなく限度がある
  • 無料好きが求める価値は"無料(格安)"であること
  • 無料付きのオーナーには 無料好きの顧客が集まる

価値に対価を払えない経営者は 自分も買い叩かれる!

どんな結果も 自分ごとの 自己責任の自覚を持つ!

 

-ノウハウ, マインドセット

Copyright© Bizサポっ ! ゼロから始める集客ノウハウ! , 2021 All Rights Reserved.